カフェは「インプット」「アウトプット」のどちらが向いている? 科学的には…

カフェは「インプット」「アウトプット」のどちらが向いている? 科学的には…

2020/04/28 0 投稿者: jinnaitakumi

「時間をもっと効果的に使いたい」「カフェで過ごすのが好き」という人はぜひ読んでください。

カフェでは作業がはかどりやすい理由については先日記事を書きましたが、今回はさらに深ぼって、「どんな作業がよりカフェに向いているのか」を書いていきます。

集中力と音

DaiGoさんの著書「自分を操る超集中力」の中で、ブリティッシュコロンビア大学の研究が紹介されています。

被験者を「図書館くらいの静かな場所」と「カフェくらいのうるさい場所」と「工事現場くらいのうるさい場所」の3グループに分け、それぞれにアイデア出しや企画立案など、創造性が求められる作業を実施。そのうち最もいい結果が出たのは、カフェくらいのうるさい場所でした。

DaiGo 「自分を操る超集中力」 P.86

つまり、クリエイティビティを求められる仕事(アウトプット作業)であれば、カフェのほうが静かな場所より適している、というわけです。

インプットは逆に静かな場所が適している

しかし、これはアウトプットの話。「インプット系は静かな場所のほうが適している」とも同著のなかで書かれています。

以前に私が紹介した「もし作業中に音楽を聴いているなら、いますぐ改めたほうが良い」でも、紹介していますね。グラスゴー・カレドニアン大学の実験を取り上げています。

端的に言えば、「音楽や環境音などのBGMは作業効率を低下させる」「作業効率を低下させないのは無音の環境だけ」ということです。

どうしてもカフェで「インプット」したいならノイキャンイヤホンを使おう

ノイズキャンセリングイヤホンを使えば「静かな環境」を作り出すことができるので、インプット作業も効率的に行なえます。

最近はノイキャンイヤホン市場も充実してきているので、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。いまだと音質ならSONYのWF-1000XM3、ノイキャン&つけ心地ならAppleのAirPods Proという感じみたいですね。ゼンハイザーとかいろんなところから出てきているし、好みもあるので、難しいところではありますが。

ちなみに私はSONYのWF-1000XM3を使っています(自宅ではWH-1000XM2を使っています)。ただ、AirPods Proが先に発売されていたら、そっちを買ったかもなー。

まとめ

よりうまくカフェ時間を活用するなら、以下を意識しましょう。

  • カフェではアウトプット作業をしよう
  • ブログを書いたり、アイデア出しをしたり、企画を考えたり
  • インプットするならノイキャンイヤホンを使おう

ではまた!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ぜひ、フォローして更新をチェックしてください。