エスカレータで歩くのをやめたらイライラしなくなった

エスカレータで歩くのをやめたらイライラしなくなった

2019/09/09 0 投稿者: jinnaitakumi

エスカレータで歩いてる?

恥ずかしながら、僕は長いことエスカレータで歩く人間でした。

あるときふと思って歩くのをやめてみたんです。そうしたら思わぬことにイライラしなくなったんです。

どうしてだと思います?

エスカレータで歩くのをやめるとイライラしなくなる理由

「我先に」という思いが消える

エスカレータの歩くほうのレーンを進むときって、意図せずに「はやくはやく」という気持ちになっていました。

「以下にして最速で目的地へ到達するか」みたいな、レースをしているような気分でしょうか。

でも通勤時間の地下鉄ホームのエスカレータなんかは割り込みとかひどいんですよ。割り込まれるたびに「ふざけんなよ、列できてんのわかんだろ」とイラつく。

これって「我先に」「よりはやく登りたい」って気持ちがあるせいで増幅されていたように思います。

歩かないようにしたところ、割り込まれても「しょうがねえな」と思うくらいで、そこまでイラつくことはなくなりました。いや、「割り込みはすんな」と思うけどね。

「どうぞお先に行ってください」って心持ちになる

歩くのをやめたことで「我先に」という焦燥感のような気持ちがなくなり、かなり気持ちが落ち着くようになりました。

その結果、急いでいる人にたいしては「どうぞお先に行ってください」と一歩引いた目で見れるようになってきました。

いままでは「邪魔くせえな」とか思ってたはずなんですよ。いまは「別に」ってくらいです。

そもそもエスカレータは歩いちゃダメ

そもそもエスカレータって歩いちゃダメなんですよ。危険だからね。

歩いている人は大丈夫と思っているかもしれないけど、例えば緊急停止によって体勢を崩して倒れたら後ろの人やとなりのちゃんと立っていた人を巻き込んで大怪我を負わせる大事故になるかもしれない。

被害者かもしれないけど、加害者でもありますよ。

大きな地震が急に襲ってくることだって、ふつうにありえる話ですからね。

両側とも歩かないレーンとして使うほうがパフォーマンスが良い

なんどか話題になっているので、知っている人もいるかもしれません。

ロンドンの実験で、エスカレータは両側とも立つ(歩かない)レーンとして運用したほうが、より多くの人を運べることがわかっています。

2015年ロンドンの地下鉄の実験で、ロンドンの交通当局が上りエスカレーターでは、左側を歩く人用に空けるのではなく、左右共に立ったままでいるよう利用者に指示しました。

この変更によって、エスカレーターが2秒毎により多くの利用者を運べることがわかりました。

全員がエスカレーターで歩くのをやめたら、ある一定期間で28%多くの利用者を運べます。

(中略)

より多くの労力を費やし、より悪い結果を得ていることになります。

via エスカレーターで歩くのは効率的か?片側空けを考える | ライフハッカー[日本版]

バカみたいですよね。歩いている人の場合は立って乗る人よりも、前後にスペースを作っているので、はやく登れているつもりで、実は全然そうでもないんです。みんな立ってるほうが、実はよりはやく駅の出口に到達できるんです。

この状況を打開するには、僕たちが「歩く側のレーンでも立つ」を実践していく必要があります(人が少ないとき、駅以外の場所で、僕も実践したりしている)。

「エスカレータは立って乗るモノ」を当たり前にしていかなければなりません。

ただ、空気を読みすぎがちな日本人にはけっこうきついので、しばらくは常に警備員などスタッフが歩く側レーンに立って、歩く慣習を封殺したりする必要があるかも。

みんなだって友達や恋人と買い物に行ったとき、並んで立ちたくない? なんでルールを破って歩く人のために、我慢して乗らなきゃいけないの?

本当は立って乗りたいけど、混んでるから歩く人もいる

僕がわりとそういうタイプでしたが、立って乗るほうは人がかなり並んでて、歩くほうはすぐに乗れるってことありますよね?

並びたくないから、別に歩きたいわけじゃないけれど、歩く」そういう人って多いんじゃないでしょうか。

これもどちらも立つレーンになれば、解消する話ですよ。そもそも輸送量が増えて、並ばなくてもスムーズに乗れるようになっていくから(電車のホームで到着後とかはさすがに多少並ぶだろうけど)。

つまり

  • エスカレータは歩くものじゃない。
  • エスカレータで歩くのをやめるとイライラしなくなる
  • みんながエスカレータで歩かなくなれば、もっと移動が効率的になる

ってことで、僕たちで変えていこうぜ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ぜひ、フォローして更新をチェックしてください。