Mac の全画面表示をショートカットキーで切り替えよう

Mac の全画面表示をショートカットキーで切り替えよう

2018/08/15 0 投稿者: jinnaitakumi

私はブログ記事を書くとき、エディタ(Bear)を全画面表示して余計なものが目に入らないようにしています。

集中するためです。

そのため、全画面表示の切替をちょくちょく使っているのですが、これをいちいちカーソルを合わせて行うのが面倒に感じていました。そこでショートカットキーを覚えたら、これがすこぶる快適だったのです。

Mac の全画面表示をショートカットキーで切り替える方法

下記のショートカットキーを入力してください。

command + control + f

ブラウザでもエディタでも、いま利用しているアプリを全画面表示にできます。

全画面の解除もできる

同じショートカットキーで、全画面を解除することもできます。

command + control + f

「esc」でも解除できますが、意図しない動作を避けたいなら、こちらのショートカットキーに慣れておくほうがいいかもしれません。

Google Chrome ではさらにアドレスバーも消せる

これはたまたま発見したのですが、全画面表示中の Google Chrome で下記のショートカットキーを入力すると、アドレスバーも非表示になり、すべての表示領域が Web ページの表示に使われます。

command + shift + f

Windows の「F11」的な動作ですね。覚えておくと便利ですよ。

つまり

Mac で作業に集中したいなら、全画面表示は便利です。そのときに余計なストレスを感じないためにも、ショートカットキーを覚えましょう。

サクッと切り替えて、すぐに集中モードに入れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ぜひ、フォローして更新をチェックしてください。