Audible(オーディオブック聴き放題)を使いはじめたのでファーストインプレッション

Audible(オーディオブック聴き放題)を使いはじめたのでファーストインプレッション

2018/06/27 0 投稿者: jinnaitakumi

なんとなく耳が寂しい。

移動中、なにか聴きたいけれど、音楽ではちょっと退屈。もっと情報量の多いコンテンツがほしい。ラジオとか、本の朗読とか。

そんなときがあります。だからオーディオブックに手を出してみることにしました。

「Audible」とは

月額1,500円で、オーディオブック聴き放題のウェブサービスです。日本文学や翻訳小説、ビジネス書や自己啓発書、ラジオ番組などが配信されています。

Amazonの関連会社が運営しているサービスなので、Amazonをよく利用する人は、目にしたことがあるかもしれません。

とりあえず、1ヶ月無料だったので、試してみることにしました。

ファーストインプレッション

まだ使いはじめて3日くらいですが、サービスに触れてみて思った印象を紹介します。

朗読の質はかなり高い

文学作品ばかりで、ビジネス書なんかはまだ聴いていないのですが、朗読の質はかなり良いです。他のサービスを試したことがないので、比べられませんが、十分に満足できます。

すでに聴き終えた本もありますが、不快感やストレスはありませんでした。

地の文の読み、セリフの読み、すべてがいい具合です。また、アニメ化された作品であれば、声はそれに準ずるようにしているのか違和感なく、認識することができました。
(オーバーロードは全巻分を配信してほしいくらいよかった)

これは有料でも買ってみていいかな、と思うほどでした。(まあ、月額料金あるけど)
(Kindle版とのセット版セット価格みたいな感じで、提供してくれないかな)

声優の朗読コンテンツはアリ!

KADOKAWAラノベチャンネルというカテゴリーでは、「この素晴らしい世界に祝福を!」「ゼロの使い魔」などのアニメ化された作品を、実際にアニメに出演していた声優が朗読しています。

これはアリだな、と思いました。(作るのにお金かかってるんだろうけど)

まず、うまい。雨宮天さんが朗読している「この素晴らしい世界に祝福を!」なんか、雨宮天朗読であることを忘れるくらい。自然で綺麗で違和感がありません。

それに、その声優のキャラのセリフは、アニメのままの声で聴ける。嬉しいポイントですし、ユーザ獲得の入り口としても悪くない気がします。

個人的には茅野愛衣さんの声が好きなので、その朗読が聴けるのは嬉しいですね。

再生速度が選べるのは嬉しい

IMG 2644

Podcastなんかは3倍速で聴いているので、ビジネス書であれば、倍速、3倍速で聴けるのはかなり嬉しいポイントでした。

文学作品で倍速にする気はありませんが、ビジネス書は問題ないと思うので、かなりの速度でインプットできるはず。

紙で読むときのようなじっくり考えながら、という体験ははじめから求めていないので、割り切って利用してみるとかなり具合がいい気がします。(まだ使ってないけどね)

コンテンツ数は少ない(かなり)

コンテンツははっきり言って少ないです。各ジャンルで、聴いてみたい本は10冊もないかな。(私がチェックしたのは50冊くらい)

幅広いジャンルをおさえているのは嬉しいですが、各ジャンルでのコンテンツが充実しているかと言えば、そうは言えません。

だから高く感じる

まだなんともではありますが、正直なところ、このコンテンツ量にたいして1,500円は高いな、と思っています。

他分野ではありますが、Netflix や Apple Music などの定額サービス(1000円くらい)のコンテンツ量と料金設定を考えると、かなり厳しいですね。

コンテンツの作成にお金がかかるのはわかるのですが、このままでは、ユーザを増やしつつ、離脱を防ぐのは難しいのでは、という気がします。

ということで

聴きたい本を聴き終えたら、ささっと解約する、そんな感じの利用になる予感がしています。

オーディオブックというコンテンツ自体は素晴らしいです。

解約する気のくせに勝手なことを言いますが、もっとコンテンツが増えて、オーディオ版の存在が当たり前になってほしい。
(聴くものがなくなっても、幽霊会員になってお金を払うような余裕はないですからね。)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ぜひ、フォローして更新をチェックしてください。