【Bear】覚えておくと便利なショートカットキー

【Bear】覚えておくと便利なショートカットキー

2019/08/09 0 投稿者: jinnaitakumi

Macアプリ「Bear」でブログの下書きを書いています。

で、Bear を使う上で覚えておくと便利なショートカットキーがいくつかあるので、共有します。ぜひ参考にしてください。

この記事は Bear ユーザー向けに書いています。「Bearって何?」という方はこちらの記事をぜひ。

操作系

エディタ画面だけにする:control + 1

タグやメモの一覧が表示されているサイドバーを非表示にし、エディタだけをウィンドウに表示したいときに使えます。

とにかく、書くことに集中したいときは便利です。

control + 1

ただし、Mac の操作スペースのショートカットキーとバッティングするので、操作スペースの切り替えを「control + 番号」で行っている人は使えないので注意です。

ちなみに、メモ一覧とエディタにしたいときは、

control + 2

さらにタグ一覧も(つまりすべてを)表示したいときは

control + 3

で切り替えられます。

メモ一覧とエディタのフォーカスを切り替える:command + enter

僕は複数の記事の下書きを同時に進めていくので(とくにシリーズもの)、ある記事を書いているときに

「こっちの記事にこういう補足を入れておこう」
「こっちにこの記事へのリンクを足そう」
「この要素はこっちの記事においたほうが良いな」
「これは別記事として切り出そう」

と行ったり来たりすることがあります。

そういうときに便利なのが、メモ一覧とエディタのフォーカスを切り替えるショートカットキーです。

エディタでごりごり書いている途中で、そのままキー操作でメモ一覧に移動し、別の下書きに移動することができます。

command + enter

装飾系

太字にする:command + B

見出しとかリストとか、主だった装飾は Markdown で下書きする仮定で自然と入れるので、ショートカットキーを覚えるまでもないかな、と思っています。

一方で「太字」だけは、書き終わって推敲するときに、「この部分を太字にしたい」とあとから範囲選択して太字化することが多いので、ショートカットキーをよく使います。

command + B

他のアプリでも太字はたいていこのキーなので、覚えるまでもないかもしれませんが。

リストにする:command + L

基本的にはリストは作りはじめた段階で Markdown で書いているので、ショートカットキーを使うことはあまりありませんが、たまに使います。

あとから「この説明はリストにしたほうがわかりやすいな」と思うこととかあるので。

command + L

Mac標準

アプリを全画面表示する:command + control + f

Bear に集中するなら、他の一切の要素を排除できる、アプリの全画面表示が便利です。

全画面表示は、Bear 専用のショートカットキーではなく、Mac 標準で使える「アプリを全画面表示する」キーが使えます。

command + control + F

「F」は「Focus」の「F」と覚えておくと思い出しやすい。

ということで

Bear は軽いし、余計な情報も出てこないので、下書き環境としてかなり理想的。快適です。

あとはテーブル表記にさえ対応してくれれば!

appIcon
【掲載時の価格】無料

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ぜひ、フォローして更新をチェックしてください。