イタリア、フランスでiPhoneを充電するために必要なもの

2013/03/13
ガジェット / 便利グッズ

IMG 4726

先日、妹が海外(イタリア、フランス)へ行きまして、向こうでiPhoneを充電するためにコンセントの変換アダプタを注文しました。

今回のポイントをまとめると

  • 海外では電源の電圧がちがうので注意!
  • コンセントの形状が違うので、変換アダプタが必要!
  • iPhoneみたいなグローバル製品は、電圧の違いに対応していることも

の3つです!

ヨーロッパと日本の電圧の違い

ヨーロッパの方は日本に比べて、コンセント電源の電圧がかなり高めです。

日本の電圧は100Vですが、ヨーロッパの方は220〜240Vくらいです。

なので、普通に日本から電化製品を持って行って、コンセント挿しちゃったら、ぶっ壊れます。

海外でも日本の電化製品をコンセントに繋ぐには、変圧器をかませる必要があります。

ただし、iPhoneは世界基準の製品だから大丈夫

iPhoneを作っている会社は、日本の企業じゃありません。アメリカの企業で、世界規模で活躍している企業です。

当然、日本以外の海外マーケットに製品は対応しています。

ヨーロッパの240Vの電圧でも大丈夫なんです。
iPhoneに付属している電源アダプタの裏を見てみると「240V」という表記が見つけられるはずです。

コンセントの種類

コンセントの形状にはいくつかの種類があります。

日本のコンセントは、いわゆる「A型」と呼ばれるものです。

イタリア・フランスでは、「C型」や「SE型」と呼ばれる型が使われています。

▼世界のコンセントの形状に関しては、こちらの記事が参考になります。

ということで、コンセントの形状の違いを克服するための、変換アダプタを利用する必要があります。

イタリアではC型、フランスではC型かSE型を使うようです。

我が家では、C型とSE型を両方購入しました。

▼こんなふうにパッケージに書いてあったので、助かりました。
IMG 4548

IMG 4547

IMG 4550

▼こんな感じで使います。
IMG 4555

IMG 4556

まとめ

ということで、今回のポイントをまとめると

  • 海外では電源の電圧がちがうので注意!
  • コンセントの形状が違うので、変換アダプタが必要!
  • iPhoneみたいなグローバル製品は、電圧の違いに対応していることも

の3つです!

電源自体はそんなに面倒ではありませんが、面倒なのは電波事情ですねw

関連記事

「ガジェット / 便利グッズ」の人気記事

まだデータがありません。