「選択すること」を学べるのではないか | 立花岳志さんの新刊が楽しみな理由

2014/03/11
書評

Ttachi

No Second Life」の立花岳志さんの新刊が、3月20日ころから書店に並ぶらしい。

タイトルは「サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法

なぜ、私がこの本が手元に届く日を楽しみにしているのか、紹介しよう。

私はいま 大きな選択を迫られている

私はいま、就職活動の真っ最中である。

人生における大きな選択を迫れているわけだ。どの業種を選ぶのか。職種を選ぶのか。会社を選ぶのか。

生き方の多様性も無限大に広がっています。

ところが実際に生き方の多様性は無限大に広がっているのに、多くの人たちは、その可能性に気付いていません。

via 3月20日に一年半ぶりの新刊が出ます!応援よろしくお願いします!! | No Second Life

昔に比べたら、職種は明らかに増えている。例えば立花岳志さんのような「プロブロガー」は十年前にはいなかった。

つまり、私達の選択肢が多くなっているはずだ。

そこで、印象的な立花岳志さんの言葉が

会社の経営者や上層部、学校教育のトップの人たちは、バブル前、20世紀の頭のまま生きている人が多い。

via 3月20日に一年半ぶりの新刊が出ます!応援よろしくお願いします!! | No Second Life

この本は、私は何か気づきを与えてくれそうだ。

私の倍以上の歳月を生きてきた著者の立花岳志さんから、ぜひ人生の「選択」について学びたい。

「選択をする」ことは難しい

告知記事を読んだかぎりでは、どうやらこの本では「選択」を意識しているようだ。

「選択」について印象的だった話がある。

Amazon CEO のジェフ・ベゾスが、母校プリンストン大学の卒業式のスピーチで語った次の言葉だ。

「ジェフ、いつかわかる日が来ると思うが、賢くなるよりもやさしくなるほうがはるかに難しいことなのだよ」

(中略)

賢さは生まれ持った才能ですが、やさしさは選択です。生まれ持った才能とは、言ってしまえば与えられたものなので努力を要しません。その反面、選択をするということ、これは難しいことなのです。

via 「才能と選択の違いを知ること」 Amazon創業者ジェフ・ベゾスが卒業式で語った、道の切り開き方 | ログミー[o_O]

「選択する力」は持って生まれる力ではない。

今回の立花岳志さんの新刊では、この「選択する力」について学べるような気がしている。

じんないたくみの声

この本のキャッチにある「たった一度の人生、やりたくないことを、やっている暇はない。」という言葉がとても好きだ。

寄り道も決して無駄ではない。人生は「足し算」だ。

しかし、それでもやりたくないことを我慢して続けるより、やりたいことをやるための選択をしたほうが、近道であることは間違いないだろう。