メモのタグ付けに定型文はめちゃめちゃ便利、@jinnaitakumiです!

今回のポイントをまとめると

  • 定型文は引き渡す必要がある
  • URLスキームを使うと一撃必殺!
  • 登録も使うのもカンタン!

の3つです!

定型文は引き渡す必要がある

定型文で作った文章は、メールなり、Evernoteの新規メモなりに、引き渡す必要があります。

通常は、選択してコピーして、メールを立ち上げて新規作成してペーストして、という面倒くさい工程があります。

定型文は、アプリを閉じるだけで作成した文章をコピーすることができるので、かなり楽ではあるものの、どうせなら直接メールなり、Evernoteに引き渡したいですよね。

大丈夫です。できるんです。

URLスキームを利用する

URLスキームを使うことで、アプリ内から、別のアプリを起動することができます。

アプリによっては、コピーしたテキストを、ペーストした状態で開くことも可能です。

▼定型文上部の「ここをタップして起動」をタップすると

▼URLスキームの登録されているアプリが表示されます。

▼FastEver(Evernoteにメモるアプリ)をタップすると

▼テキストがペーストされた状態で起動してくれます。

URLスキームの登録方法

URLスキームの登録はめちゃめちゃカンタンです。

▼左下の歯車をタップします。

▼設定画面の「URLスキーム」をタップします。

▼登録しているURLスキームの一覧が表示されます。

▼新しく追加する場合は、右下の「+」をタップします。

▼これが登録画面。名前とURLスキームを入力します。

FastEverで、ペースト状態で起動するURLスキームはこちら。

fastever://?text=<@>

他のアプリのURLスキームはGoogleなどで検索すれば出てくると思います。
(URLスキームに対応していないアプリもあります。)

まとめ

ということで、今回のポイントをまとめると

  • 定型文は引き渡す必要がある
  • URLスキームを使うと一撃必殺!
  • 登録も使うのもカンタン!

の3つです!

定型文はホントに便利。
私みたいな、思いついたことは何でもメモって安心して忘れたい人には、この連携が最高なんです。

参考までに、この記事は「するぷろ」というアプリを使って更新しています。