まだ「スティックのり」を使っているなら今すぐ「テープのり」に乗り換えよう

2018/02/02
ガジェット / グッズ

「まだスティックのりでヨレヨレしてるの?」

そんな煽り文句が浮かんできました。

それはともかく、3年前から使っているテープのり(ドットライナー)をもっと知ってもらうべく筆を執りました。スティックのりの時代はとっくに終わっています。

テープのり ドットライナー とは

スティックのりの問題は、塗った先がヨレヨレしてくるのと、粘着力に若干の不安が残ること。ついでいうとキャップの端にくっついてしまうノリ。

ドットライナーはその問題を解決しています。

IMG 1773 Fotor

「修正テープ」という文房具がありますよね。社会人になってからめっきり見てませんが、要はあんなふうに使える”のり”がドットライナーです。

のりづけしたいものに、ベーっとテープを貼るだけ。手は一切汚れないし、ヨレヨレもしない。それに粘着力もなかなかのモノで、不安は残りません。しかも軽い。

IMG 1778 Fotor
IMG 1779 Fotor

それにスティックのりよりも、縁を狙って正確にのりづけすることもできます。

ていうか何よりテープを貼る瞬間が超気持ちいい。重要。

ということで

ドットライナーはオススメです。

もうスティックのりを買うなんてことは、私の中でありえない。

別にそんなに高いわけでもないし、テキトウなお店の文房具コーナーに置いていたりするので、ぜひ試しに使ってみてください。