伊坂幸太郎だけは必ず買う、@jinnaitakumiです!

先日、残り全部バケーションを買ったばかりですが、そのときに見つけた「SOSの猿」も購入しました。

SOSの猿

この小説は面白い。
小説は「そう書けば、そういうことになってしまう」というなんでもできる分野だということを、改めて感じる物語です。

例えば電車に孫悟空がいると書けば、小説の中ではそれが現実になる。

挑戦や書き方も面白くて、夢中になるお話ですよ(^^)

伊坂幸太郎の小説の中でもかなり好きな小説ですね。

タイトルのフォントが変わってる

微妙な話ですが、単行本と文庫本で、タイトルのフォントが変わっています。

▼単行本

▼文庫本

個人的には単行本の方が好きですね。

漫画家、五十嵐大介とのコラボ

「SOSの猿」は、「海獣の子供」など有名な五十嵐大介とコラボした小説。

五十嵐大介の「SARU」も特撮怪獣映画っぽくってとても面白いですよ!

小説を漫画化したわけではなく、ちょっとした繋がりがあるものの別の物語です。

まとめ

ということで、今回のポイントをまとめると

  • 伊坂幸太郎の「SOSの猿」の文庫本を買ってきた!
  • タイトルのフォントが変わってる!
  • コラボ作品の「SARU」も面白い!

の3つです!

我ながら林檎好きより、伊坂幸太郎好きの方が重症な気がするw