オー!ファーザーが文庫化してるじゃん!ということで購入しました

2017/05/24
小説 / 映画 / 音楽

IMG 6610

伊坂幸太郎が好きです、@jinnaitakumiです!

伊坂幸太郎の第1期、ラストの作品と言われている「オー!ファーザー」の文庫本が知らぬ間に発売されていたので、購入して来ました。

オー!ファーザーは伊坂幸太郎の第1期ラスト

モダンタイムスやゴールデンスランバー以前に書いたいわゆる伊坂幸太郎第1期の作品の最後を飾るのが、この「オー!ファーザー」です。

出版されたのはモダンタイムスなどのあとですが、書かれたのは、それ以前。

作風もやっぱりモダンタイムス以前の形なので、「オーデュボンの祈り」や「重力ピエロ」「砂漠」なんかが好きな人には、オススメの作品ですね。

単行本も持ってるんだけどね。

IMG 6611

伊坂は文庫も単行本も両方揃えた上で、さらにKindle版も買ってるというね。もはやマニア。

以前は、単行本と文庫本でごっそり違うところがあったり、明かされる真実が変わったりとか、大幅な推敲が入ってるとかの変化がありましたが、割りと少なくなってきてるのかな〜。

映画化するみたいですね。

重力ピエロで春のやっていた岡田将生が、主人公の由紀夫をやるみたいですね。

問題は父親を誰がやるかですよ。

悟は、佐野史郎。
鷹は、河原雅彦。
葵は、村上淳。
勲が、宮川大輔。

全部イメージが合わない。アリなのは鷹くらいか。ソフィアの松岡充とかのほうがまだ葵のイメージに近い。ちびだけど。

まあ、でもアリなのかな〜。宮川大輔だけはちょっと違和感が拭えないけれど。

多恵子はどうしても多部未華子以外をイメージ出来ないw
(忽那汐里がやるらしい)

鱒二は、フィッシュストーリーでボーカルの五郎をやった高良健吾の坊主姿がイメージ近いかな〜。

富田林は柄本明がやるのかな?

おわりに

オー!ファーザーは単行本の時点で、5回くらい読んでるので、また読み返してみようかな〜と。

この作品のスムーズな感じが好き。

いまは「SOSの猿」を久しぶりに読んでるので(これも何回目だろうか?w)、これ読み終わったらですけどね。