ノースリーブス(no3b)のニューシングル「キリギリス人」がなかなか傑作な件

2013/02/02
小説 / 映画 / 音楽

ノースリーブスが好きです、@jinnaitakumiです!

ていうかたかみなって可愛いよね。うん。
で、今回、新しく発売されたシングル「キリギリス人」がなんかすごく良かったので、紹介します。

「キリギリス人」

キリギリス人 作曲:鬼龍院翔

あのゴールデンボンバーの歌っている人が作曲しています。曲聴けば分かりますが、金爆っぽさはガッツリ入ってますね。ほんと。

どういう歌詞かっていうと、自分を「アリとキリギリス」ていう童話のキリギリスに見立てて格好つけてる感じ。

アリとキリギリスっていうのは、確か、冬が来る前にアリはせっせと働いてちゃんと食料を確保していたけれど、キリギリスは音楽ばっかりやってうつつを抜かして、冬が来てから「あ〜あ」ってなる寓話だったと思います。
うろ覚えだけど。

で、このキリギリス人がなんか恰好良いんだよね。

「そんな冷静でどうする? 生きていたってつまんねえよ」
「人生は短いよ」
「俺達のピークは今夜だろう」

「何を諦め、何を蓄える? 一回の人生だ」
「お金持ってどうするの? 俺達は笑って死んでいこう」
「悔いはないさ 冬がやってきても歌い続けろ」

いや、恰好良いでしょ。
で、どこか強がってる感が金爆っぽくてまたちょっと好きなんだよな〜。秋元康はそれ意識して歌詞作ったのかしら、と思ってまう。

タイトルを見たときはどうかと思ったけど、そういうキリギリスみたいな生き方をする俺達は「キリギリス人」だろ、的な歌詞を知るとアリな気がしてくるから不思議だ。

いーんじゃね? 作曲:井上ヨシマサ

ものすごくキャッチーなんだよね。
真新しいサウンドではないんだけど、むしろ昔からあるようなサウンドなんだけど、ハマる音なんだよね。

歌い方とかね。
これはヘビロテしちゃうよね。

井上ヨシマサ氏は、AKBのシングル曲をけっこう手がけているし、AKB以外にも有名どころに曲提供してる、すげえ人。

昔から業界にいるからなのか、安定感が半端ないね。

で、この「いーんじゃね?」だけど、これをノースリーブスが歌うからハマるってのもある。これをフレンチ・キスが歌ったら、やっぱりちょっと違うわけで。

ノースリーブスが持っている魅力と、曲の雰囲気がぴったり合っているような気がするんだよね。

万人にオススメする曲というよりは、ノースリーブスが好きな人なら絶対好きだろうな、っていう曲。

おまけ:ふと思うコト 作曲:小室哲哉

たかみなのシングル曲。

まあ、女の子のことはよく分からないけど、この曲を聴くと”まっちゃん”のことを思い出すね。(ファンしか知らないと思うけど)

たかみなの声がいい。ほんとうに良い。魅力的。たかみなの歌は魅力あるんだよな〜。

たかみなのソロ曲を全部買っちゃうのは、それだけ魅力的だからです。

まとめ

ということで、今回のポイントをまとめると

  • キリギリス人の強がりが恰好良い!
  • いーんじゃね?のキャッチーなサウンドが堪らない!
  • ふと思うコトにはたかみなの魅力が詰まってる!

の3つです!

マジで今回のシングルは良かった。

ずいぶん待ったからね。ノースリーブスのシングル出るサイクルが山崎まさよしのアルバム並に長くて困るw
たかみなもみーちゃんもこじはるも、みんな忙しいだろうから大変なのかもしれないけどね。

あと、これは蛇足だけど、iTunesで初回盤を遅く出したのは、おそらくCDを買わせたいからなんだろうね。
在庫は抱えたくないし、各メンバーのソロ曲を収録している初回盤を待ちきれない人はCDを買ってくれ、待てちゃう人、待ってでもiTunesで買いたい人には、仕方ありませんね。
的な感じなのかな。

私は待てちゃう人ということで。