MarsEditで「All in One SEO」のSEOタイトルやキーワードを入力できるようにする方法

2013/01/14
ブログ / WordPress

MarsEdit AllinOneSEO

MarsEditなしではブログが書けません、@jinnaitakumiです!

今回は新しく購入したMacで再び、MarsEditで「All in One SEO」を利用できるように設定したので、その方法を解説します。

MarsEditで「All in One SEO」を使えるようにする方法

WordPressプラグインの「All in One SEO」は以下のリンクからダウンロードできます。

「meta.php」の修正

まずは「meta.php」を次のように修正して、外部からメタデータを編集できるようにします。

▼修正前
function is_protected_meta( $meta_key, $meta_type = null ) {
    $protected = (  '_' == $meta_key[0] );

    return apply_filters( 'is_protected_meta', $protected, $meta_key, $meta_type );
}
▼修正後
function is_protected_meta( $meta_key, $meta_type = null ) {

   $protected = (( '_' == $meta_key[0] ) && ( strpos($meta_key, "_aioseop") !== 0));

return apply_filters( 'is_protected_meta', $protected, $meta_key, $meta_type );
}
「meta.php」は、「wp-includes」のフォルダ内にあります。FTPクライアントを使うか、レンタルサーバのユーザページにFTPページがあると思うので、そこから編集できます。
また修正前にバックアップを取っておくと安心です。

MarsEditで入力フィールドを表示させる

あとはMarsEditでSEOタイトルやキーワードの入力欄を表示させるだけ。これはものすごくカンタンです。

▼MarsEditを起動して、ブログタイトルを「ダブルクリック」する
1 1

▼ウィンドウが開くので、「Custom Fields」タブを選択する
2 1 1

▼「+」ボタンをクリック
3 1

▼こんな感じで新しい入力欄を編集できます
4

▼このように入力して、「OK」する
5

▼すると、エディタのタイトルなどの下に、SEOの入力フィールドが出現し、編集できるようになります
6

まとめ

ということで、今回のポイントをまとめると

  • MarsEditで「All in One SEO」を使えるようにする
  • 「wp-includes」内の「meta.php」を編集する
  • MarsEditのカスタムフィールドを追加する

の3つです!

SEOのことはよく分からないので、今後もっと勉強していこうとは思いますが、ひとまずキーワードなどは入れておいた方がいいのかな、と。

で、それがエディタで直接編集できたら楽でいいと思います。