IMG 5271

MacBook Airを毎日持ち運んでいます、@jinnaitakumiです!

今回のポイントをまとめると

  • ケースを付けないほうが恰好良いし、気持ちが盛り上がる
  • 薄くて軽くなるから取り回しが軽快
  • カバンのクッションで十分いける

の3つです!

MacBook Airにケースを着けていた理由

近頃、MacBook Airにケースを装着せずに持ち運んでいます。その理由や、思ったことをあなたに話す前に、そもそもなんで、ケースを着けていたのかを整理ししょう。

衝撃対策

おそらくケースを着ける人のほとんどは、衝撃から守るために着けているんじゃないか、と思います。

落としたときや、カバンの中で受ける衝撃を少しは吸収してダメージを和らげたい。

私もその目的でケースを装着していました。

汚れ対策

残念ながらMacBookのユニボディは汚れます。

変な使い方をしなければ、「汚い!」ってほどにはなりませんが、衝撃対策以外にも、いちおうの汚れ対策もかねて、ケースを着けている人は、そこそこいるんじゃないかな、と。

私はそうでした。

ファッション

BookBookみたいなお洒落なケースもあるので、そういう目的でケースを使う人は少なからずいるとは思います。カラフルなケースも出ていますから、色を楽しむのもありでしょうし。

ただ、やはりiPhoneケースほどバラエティに富んでいるわけではないので、あまり考えていない人も多い気がしますね。

ちなみに私は、パワーサポートのエアージャケットケースに、ケースではありませんが、私が愛してやまないSNOOPYのステッカーを貼っていました。

MacBook Airのケースを外した理由

なぜケースを外したのか。

少なからず重くなる

本当に何十グラムの差でしかなかったりするんですが、重くなることは重くなります。

軽量のケースもありますが、そういうのは得てしてデザイン的にアレだったり、恰好良いケースは逆に重量がそこそこだったりして、満足いく製品ってのがあんまりないです。

(ないわけではありませんが)

厚くなる

重量よりも、こっちのほうが私にとっては重大な理由でした。

せっかくMacBook Airを使ってるのに、これってどうなん?

って思うレベルで厚くなるわけです。薄いものもありますが、それは逆に耐久性としてどうなのよって話で。

MacBook Airのケースを外してみて感じたこと

やっぱりケースがない方が恰好良い

Appleは、他の企業とは比べ物にならないほど、というか信じがたいほどのお金をデザインに費やしていることで有名です。

そこまでしてこだわり抜いたデザインの良さは、そうカンタンに打ち破れないわけで、やっぱりケース付けるよりもイケメンなことが多いのです。というか基本的にそうです。

裸の薄さや、洗練された美しさは、もう触れること自体が快感ともいうべき状態! 心なしかキータッチの音も格調高く聞こえます。

薄いから取り回しが軽快

当然、ケースを着けていた分、薄く軽くなります。

着けていたケースによって感じ方に差はあると思いますが、これがけっこう愉快なほど軽快になります。

薄い状態でカバンに入ってくれるのも嬉しいですし、なにより実用的です。というかそもそも薄く軽くを追求したのがMacBook Airなわけですからね。それをユーザーが阻害してどうする的な気もあるわけで。

カバンのクッションで十分いける

私はメインのバックパックとは別にiPad miniやモレスキン、MacBook Airを入れる手持ちのカバンを持っています。

手持ちのカバンには薄くてお洒落なcocoonのカバンを使っているんですが、この手のバッグのクッションはちゃんとしているので、これで十分じゃないかな、という気がします。

そもそも乱暴に使うわけではありませんし、普通に使っていば、何の問題もないことがわかりました。

心配な場合は、プロテクトスーツがおすすめ

私のメインのバックパックは特にPC向けのものではないため、衝撃を吸収してくれるクッション的なものは特にありません。

なので、念のためバックパックには、MacBook Air用のクッションケースを忍ばせています。(基本的にMBAはcocoonの手持ちカバンにしまうので、使うことは滅多にありませんが)

サンワサプライのプロテクトスーツがコストパフォーマンス抜群でおすすめです。

このケース(というかクッション)は安い上に、潜水用のスーツに使われている丈夫な素材でできているため、耐久性も安心です。使わないときは薄く軽いっていうのもポイント。

まとめ

ということで、今回のポイントをまとめると

  • ケースを付けないほうが恰好良いし、気持ちが盛り上がる
  • 薄くて軽くなるから取り回しが軽快
  • カバンのクッションで十分いける

の3つです!

結果的に、ケースは外して正解だったな、と思っています。汚れも、カバンそのものや使用環境によほどの問題がなければ、特に気にする必要もないでしょう。

なによりも外すことで得られたメリットのほうが、着けているときのメリットを上回っている、というのが私の気持ちです。このところは個人差があるので、あなたもそうとは限らないのですが。