Mac miniとMacBook Airの使い分けと、それぞれで活躍している主力アプリ

2013/05/09
iPhone / iPad / Mac

IMG 5237

Macを2台使い分けています、@jinnaitakumiです!

今回のポイントをまとめると

  • Mac miniでもAirでもブログ書いたりGTD管理したりする
  • Mac miniでは画像・映像処理とかの重たい作業もこなす!
  • MacBook Airはその機動性を活かしていたるところに持ち運ぶ!

の3つです!

Mac miniとMacBook Airの使い分け

分かりやすいかもしれませんが、カンタンにいえばMac miniががっつりメインの作業、MacBook Airが外出先でのライトな作業となります。

それぞれの特性を活かす使い方ですね。

では具体的にメインの作業とは、外出先でのライトな作業とは、というところを書いていこうと思います。

Mac miniでやること

まずはMac miniでやることから書いていきましょう。

Mac miniはほぼアルティメット級のモデルを注文していて、かなりパワフルなので、快適に作業できています。

また画面も広い(23inchのiiyamaディスプレイを使用)ですから、作業がはかどることこの上ない感じ(本当は27inchのThunderbolt Displayが欲しいのだけれどw)

以下、Mac miniでやることをまとめておきます。

ブログを書く

画像編集もふくめてごりごり書きます。

画面がまずMacBook Airよりも広いので、いろいろはかどるわけで。MarsEditでプレビュー見ながら書きまくるのです!

関連記事

画像編集

ブログの画像編集(アイキャッチとか)もやりますし、SNSページの壁紙とか、どこかの素材とか、そういうのはほとんどMac miniでやります。

Pixelmator使ってますよん。(Photoshop買えないので)

appIcon
【掲載時の価格】¥3,000

デザインをごにょごにょする

私はブログをWordPressというサービスを使って運営しています。

WordPressの長所にデザインをかなり自由に作れるというところがあって、めっちゃ気に入っているんですが、そのデザインの部分はMac miniでごにょごにょします。

コードエディタにはTextWranglerを使っています。本当はCodaが使いたいんだけれど(笑)

appIcon
【掲載時の価格】無料
appIcon
【掲載時の価格】¥7,400

GTD管理する

OmniFocusというアプリで「やりたいこと」とか「やるべきこと」を管理しているんですが、Mac miniでプロジェクトを編集したり、修正したりします。

(タスクの確認はiPhoneで、レビューはiPadで行うので、ほとんどプロジェクト管理だけ)

画面が広いのではかどるはかどる。

appIcon
【掲載時の価格】¥7,800

体重の記録

NumbersというMacで使えるApple純正の表計算的なソフトに測定した体重・体脂肪率・BMIさらに測定した時間を入力してグラフを出力しています。

appIcon
【掲載時の価格】¥2,000

映像編集

ときどきですが、YouTubeに動画を投稿したり、身内向けの映像編集を行うことがあります。

私は本当に趣味程度なので、Apple純正のiMovieを使っていますが、がっつりやる人は、FinalCut Proとか、AdobeのPremireとかを使うんですかね。

映像編集はかなり重たい作業なんですが、編集から書き出しまで、Mac miniはパワフルにこなしてくれます。はかどるはかどる。

appIcon
【掲載時の価格】¥1,500
appIcon
【掲載時の価格】¥28,800

資産管理

実はまだほとんどできていないんですが、iComptaという資産管理用のアプリを購入しまして、資産管理なんかしちゃおうかしら、なんて考えています(笑)

appIcon
【掲載時の価格】¥1,700

MacBook Airでやること

MacBook Airでしかやらないこと、っていうのはないんですが、主にやることはブログを書くことと、OmniFocusでのプロジェクト管理です。

まあライトな使い方ですね。(がっつりやり込むこともあるし、MacBook Airにはそれだけのパワーもある)

MacBook Airのいいところは、とにかく持ち歩くのが超楽!ということ。iPad miniを購入してから、いったんは持ち運ばなくなったんですが、結局いまは毎日持ち歩いています。

ちょっとしたときにさくっと取り出してそこそこヘビーな作業もこなせるパワーがある、というのは安心ですね。というか、どこに行ってもそこにMacがある!ということの破壊力はすごいです。

ブログを書くこと

ほとんど下書きのつもりで、見出しとタグ打ちから入ります。余裕があれば本文をちょこちょこつけていきます。

アイキャッチ作りとかも滅多にやらないです。(Skitchを使って画像に矢印を入れるくらいはします)

あと、Treeというアウトラインが書けるアプリが気に入っていて、これで記事のアウトラインを作ることもあります。

appIcon
【掲載時の価格】¥1,500

GTD管理のこと

主にやることはMac miniと同じです。プロジェクトをチェックして、調整したり、修正したり、です。

思いついたことを全部このOmniFocusに吐き出すことで、頭の中を常にクリアな状態にしていられます。そこにすべてあるので、頭で思い出す必要はありませんから。

それこそがGTDの目指すところです。

大学のレポート

これはMac miniでも書くんですが、なんですかね、レポートってラップトップで書きたくならないですか?(笑)

最終的にはWindowsマシンに入れてるWordで仕上げるんですが、ショートカットキーを覚えていることもあって、Mac使ったほうが、かなり快適に書けるんです。

Pagesとかを使ってますね。

appIcon
【掲載時の価格】¥2,000

まとめ

ということで、今回のポイントをまとめると

  • Mac miniでもAirでもブログ書いたりGTD管理したりする
  • Mac miniでは画像・映像処理とかの重たい作業もこなす!
  • MacBook Airはその機動性を活かしていたるところに持ち運ぶ!

の3つです!

おそらく2台持ちする人は、同じような感じになるんじゃないのかな、と思います(笑)

この2台持ち、贅沢ではありますが、やっぱり無駄ということはまったくなく、むしろ快適で、1台だけの生活には戻れません。

Mac miniはパワフルだけど持ち運べないし、MacBook Air(11inch)は携帯性抜群だけれど、パワフル差はそこそこだし。やっぱり2台あると、めちゃめちゃはかどる。

ちなみに「どうしても1台だけで、かつそこそこ持ち歩きたい、けどメインマシンに足る能力が欲しい」、という人がいれば、私個人としては、MacBook Air 13inchのフルスペックモデル(CTOでばりばりカスタマイズ)をおすすめします。
MacBook Pro 13inchもおすすめしたいところですが、持ち運ぶという観点からはやはりやや重いです。