あえて言おう!斉藤和義こそ日本人最高のギタリストだと! #mycoolguitarist

2012/12/05
小説 / 映画 / 音楽

ミュージシャンは音を聴いたときに惚れます、@jinnaitakumiです!

@hebyumetanさんがこんな企画をやっていたので、ちょっとだけ語ってみたりする。

鳥肌が立つギタリスト2選!オススメのギタリストをお教えください! #mycoolguitarist – @hebyumetan

斉藤和義こそ最高のギタリスト

ジミー・ペイジや、ジミ・ヘンドリックスのギターも恰好良いし、すげえ好きなんですけど、そこらへんは有名なので、ここは日本人ギタリストを。

あんまり知られていないかも知れませんが、斉藤和義はもともとギタリストで、(デビュー以前に組んでいた)バンドが解散してから、仕方なく歌いはじめたんだとか。

そうです! 私は「斉藤和義」こそが最高のギタリストだと推したいのです!

詩もいいけど、やっぱりギター!

歌もね、いいんですよ。
本当にいいんですよ!

でもね、やっぱり斉藤和義はギターを聴いてほしい!
ホント、恰好良いから!

ギターを堪能するなら、個人的には「FIRE DOG」や「僕の踵はなかなか減らない」なんかがオススメ。
本当は全部恰好良いけどね。

「十二月」みたいな弾き語りライブのアルバムなら、ギターの格好良さを堪能できるはず!

もともとメタルやってて、速弾き至上主義な時代があったらしい

高校時代はメタルバンドをやっていたとか。
(なんかの記事で読んだ)

もうとにかく速弾きに魂を注いでいた時期があったそうで、おそらくはその影響でライブで(特にI Love Meなんかで)速弾きが堪能できるのです。

カッティング格好良すぎ!

おわりに

ロバート・クワインとかジミ・ヘンドリックスのギターが結構好きなんですけど、肌に合う恰好良いギターはやっぱり斉藤和義なんです。

斉藤和義は毎日聴いてますけど、飽きたことがないですね。
こんなミュージシャンが今の日本に何人いるだろうか!