Mac miniを買うって決めてたけど、iMacが魅力的すぎて揺れている件

2012/10/26
iPhone / iPad / Mac

Fusion hero

発表があるそのときまでMac miniを買う気ムンムンムラムラでした、@jinnaitakumiです。

先日10月23日にあった、Appleのスペシャルイベント(教育系?)で発表された超絶薄くなったiMacに気持ちが揺らいでいるのです。

あれは反則じゃね?

iMacが魅力的な理由

より薄く軽く

まず、デスクトップコンピューターに対して「薄く」「軽く」というアプローチをしたAppleの発想が面白すぎます。

でも軽いことのメリットってけっこうあるんです。たぶん。
台とかさ。

あとはなんだろうね。
床が落ちないとか。

「薄い」のは実用的とかそういうレベルの話ではなくて、ひたすら「ロマンを感じまくる!」

今回の薄すぎるiMacには、コンピュータテクノロジーのロマンを感じるんですよね。

けっこうモンスタースペック

当然といえば当然ですが、iMacはMac miniよりもクロック周波数が高い(=処理速度が速い)ですし、グラフィックボードとかminiにはないメリットも多々あったりします。

ちなみに私が検討しているのは27inchの下位モデル。

27inchは自分でメモリの増設もできるようですしね。

価格はかなり低めだと思う

めちゃめちゃ頑張って薄く軽くして、モンスタースペックなのに、価格は据え置き、10万円から。

27inchは15万で買えます。
これってすごくないっすか?

いや、絶対的な価格を見れば高額であることは間違いありませんが、体験、感動、可能性とか考えると、けっこう安めな価格設定だと思うんです。

Mac miniに妥協するとしたら

これだけiMacに魅力を感じているのに、Mac miniに妥協することがあったとしたら、それはiPad miniを買うときです。

iMacの27inchなら15万ですが、Mac miniなら5万。
キーボードとトラックパッド(or マウス)、あとはメモリなど買い足しても6,7万といったところです。

差額でiPad mini買えんじゃん((((;゚Д゚))))

おわりに

とにかく新しいiMacにはロマンが詰まってるんですよ!
テクノロジーのロマンが!

ひとまず27inchの発売予定は12月ということなので、じっくり考えようと思います。