[雑記] FINAL FANTASY ⅣがAppStoreのゲームカテゴリで1位になってことで思うこと。

2012/12/22
雑記

FF4 no1

「安いから買うのではなく、欲しいから買う」が座右の銘、@jinnaitakumiです!
ウソですw

先日(12月20日)にリリースされたFINAL FANTASY ⅣがAppStoreのすべての有料ゲームの中で1位になっていて、かなり驚きました。

なぜって、FINAL FANTASY Ⅳは1800円もする、アプリとしては”お高め”なものだったからです。

appIcon
【掲載時の価格】¥900

ただの雑記ですのであしからず。

いいものにお金を払う人はたくさんいる

すごいのは、この時期はホリデーセールと称してGameloftやEA、CAPCOMなどで破格のセールが展開されているなかで1位になっていることです。

かなり優れたアプリが85円という破格で売られているのに、これよりも売れているんですよ! これってすごくないですか?

もちろん、セールアプリに関してはすでに購入しているユーザーもたくさんいると思うのでフェアではないかもしれないんですが、それでも85円のアプリよりも1800円のアプリのほうが売れている、という状況は面白いです。

これはFF4はすでに多くの人にとって
「優れたゲーム」
という認識があって、1800円を支払うに値する、と思われたからだと思います。

85円のアプリが躊躇われる時代にこれはホントにすごい。

なんとなく思い出してしまうのは音楽業界

「CDが売れねえ!」
と嘆く音楽業界による訴えで違法ダウンロードの刑罰化が施行されましたが、結局売上はよくなっていないそうです。

まあ、予想通りなわけですが。

これはCDを買う時代から、iTunesなどのオンラインショップでダウンロード購入する時代に移り変わっているから仕方ないこと、とも思います。

まあ、それは置いといて、全体的に音楽業界が低迷している要因の一つは
「お金を払って買いたい!」
と思う音楽が少なくなっているからじゃないの?と。

FF4が1位を取って思ったのはユーザーはお金がないから買わないわけではなくて、お金を払う価値を見出だせないから買わないんじゃない? ということを暗示していると思うのです。

AKBの売上がとんでもないのも、ユーザーはそもそもお金がないわけではないということの証明かもしれません。

おわりに

特に結論を持っているわけでもなく、ただ記事を書いただけなんですが、こういう「付加価値」というものを提供できないとこれからは生き残っていけないんだろうな、と。

それは多分、経済界ではすでに当然のように周知されているとは思うんですが。

まあ、そういう私がFF4を買ってないのでなんとも説得力に欠けるんですがw

appIcon
【掲載時の価格】¥900

欲しいけどな!