Top

au LTE

iPhone5をどちらのキャリアで購入するか決めかねている@jinnaitakumiです。

「auのLTEサービスマップはいつになったら公開されるのだろうか」
と思っていたら、いつの間にやらエリアを公開していたようです。

でも、これってマップじゃないじゃん(´;ω;`)

サービスエリア | 4G LTE | サービス | iPhone 5 | au

ちなみにSoftBankのサービスエリアマップはこっち。

エリアマップ | ソフトバンクモバイル

どちらのサービスエリアも2012年10月にカバー”予定”のエリアです。

やっぱり現状カバー率はSoftBankに軍配?

都心は大差ないとおもいますが、地方に来るとカバー率が全然違います。

私の暮らす新潟県を見てみましょう。

▼auのカバーエリアがこちら
スクリーンショット 2012 09 22 15 41 36

本当に新潟県の新潟市の一部だけ。
これだと生活圏内をカバーできてないんですよね。

一方で

▼こちらがSoftBankのエリア(赤いところがLTE)
スクリーンショット 2012 09 22 15 42 58

完全にカバーできているわけではありませんが、生活圏内は問題なくカバーされています。

これを見ると、もうちょっとau頑張って欲しいなあ、という気がしますね。

(SoftBankが本当につながるのかは、このマップを見ても、疑問を持ちますがw)

iPhone5はauのWIN HIGH SPEEDに対応している

ここがまたなんとも言えないポイントですね。

どういうことかというと、auが展開する「3.5G」などと呼ばれる「3G通信」よりも速い通信技術に、iPhone5は対応しているということです。

SoftBankはLTEがつながらないところでは、いままで通りの「3G通信」となり、しかも通信容量「1.2GB/月」の制限があります。(LTE通信の方は制限なし)

一方で、auではLTEで通信できないエリアでも3Gよりも速いWIN HIGH SPEEDで通信できます。(通信容量制限は7GB/月)

ここがSoftBankを選ぶか、auを選ぶかの鍵になるんじゃないのかな、と。

また、SoftbankではLTEでの通信無制限のプランがあるので、LTEでも制限を設けているauよりもトラフィックが増加する(回線が混雑する)のではないかな、という心配もあります。

LTEの「広がってきたな!」という過程を楽しむ

意外といましかできないこの遊び。
エリアがどんどん拡大していく感触を肌で味わえるのは、この時期だけなんですよね。

でも楽しめないLTE通信に、高くなった料金を払うのも、なんだか納得いかない。

もしかしたら、iPhone5はまだ買い時ではないのかもしれませんよね。
(iOS6のマップのデータもいまいちですし)