IMG 4760

やる気ゼロからスターターの@jinnaitakumiです!

今回のポイントをまとめると

  • 「やる気」なんかなくても大丈夫!
  • 「5分だけダッシュ」しよう!
  • 「乗ってきたらあと20分」集中!

の3つです!

はじめから「やる気十分!」なんてありえない

と思ってます。やる気なんてなくて当然。

やる気というのはそもそも、ガソリンのような車を走らせるために絶対に必要なものではないんです。

やる気なんかなくてもいいんです。

「やる気」というのはサプリメントや、エナジードリンクのようなもので、あると便利なもの、程度の認識でいいと思います。

つまり、タスクをこなすのに「やる気」は必要ないんです。

だから「5分だけダッシュ」する

やりたくないけど、やらなければいけないタスクの山。

そんなタスクを、やる気がなくても取りかかれるようにしてくれるライフハック、それが「5分だけダッシュ」です。

これはすごい有名なテクニックで、いろんな本にも載っているので、あなたも聞いたことがあるかも。

でも、試したことはどうです?

コツは「何も考えずにスイッチを押すこと」

私はタイマーとして、iPhoneやMacで使える「Due」というアプリを利用しています。めちゃめちゃ使いやすくて便利ですよ!

コツは「何も考えずにスイッチを押すこと」。

私の場合は、考えはじめると逃げる傾向があるので(笑)、考える前にスイッチを押すことにしています。

IMG 4758

スイッチを押したら、あとはいちばん優先順位の高いタスクを始めるだけです。
やることが漠然としている場合は、まずやることを整理して、細かくするのがいいでしょう。

たいていのタスクは5分で片付く

もちろんボリュームにもよりますが、ちょっとしたタスクなら5分で片付きます。

「嫌だな〜」と思っていたタスクが、やってみたらあっという間に片付いたなんて経験は、あなたにもあるはず。

乗ってきたら「あと20分」やる!

もちろん5分じゃ終わらないタスクもあります。

でも5分間、集中して取り組むとエンジンがかかって、ちょっと気分が乗りはじめます。

そこでやめるのはもったいないので、「乗ってきたら20分」のタイマーにスイッチしましょう!

IMG 4759

20分という時間設定は、ダッシュの「5分」と合わせると、ちょうど「25分」になるからです。
この「25分」は魔法の数字で、集中力が持続するギリギリの時間になります。

それが終わったら、5分ほどの休憩を取るといいでしょう。

おまけ

休憩中はなにもするな!

せっかくの休憩なのに、その時間を利用してTwitterやFacebookを見たり、RSSをチェックしたりはしていませんか?

それだと結局、脳みそが休んでないので、次のタスクでエンジンがかかりにくくなっちゃいます。

コーヒーを淹れに行くとかならともかく、基本的にはゆっくりリラックスするのがいいですよ。

騙されたと思って、試しに5分間だけ、目を閉じて深呼吸をしてみてください。
めちゃめちゃ気持ちがリフレッシュされます!

(ちなみに仮眠は10分がベスト。研究結果あり。)

まとめ

ということで、今回のポイントをまとめると

  • 「やる気」なんかなくても大丈夫!
  • 「5分だけダッシュ」しよう!
  • 「乗ってきたらあと20分」集中!

の3つです!

やる気を待ってるといつまで経ってもはじめられないですよね(経験即)

何も考えずスイッチを押しちゃうほうが、ずっと楽にタスクを処理できるので、本当にオススメ。